EDになってから

ED薬ジェネリック医薬品と副作用や消化不良について

ED治療薬にはバイアグラやレビトラなどの医薬品が有名ですが、これらの医薬品は血管を拡張させる作用が在る事からも、血圧に異常を持つ人などが服用する場合胃は注意が必要です。

また、バイアグラやレビトラと言った医薬品には、頭痛や顔のほてり、目の充血、動悸などの症状が現われるケースが多いため、気になる症状が起きた場合などは服用を中止して医師に相談をするのがお勧めです。

尚、ED治療薬の中にはシアリスと呼ばれている医薬品も在ります。
シアリスはバイアグラやレビトラと比較をすると効き目が穏やかな特徴が在り、少しずつ作用が現われて来て、長時間の持続効果を持つのが特徴です。

因みに、医薬品の持続効果は、バイアグラでは5時間前後、レビトラでは10mgタイプが最低5時間前後、20mgタイプが最低10時間前後と言われていますが、シリアスにおいては10mgタイプでは20~24時間程度、20mgでは30~36時間程度と言われているため、シアリスを1度服用する事で2日間の効果を期待出来ると言うメリットも在りますが、シアリスの副作用はバイアグラやレビトラと同様の副作用が起きるのと、消化不良と言った副作用が起きる事も在ります。

尚、最近はジェネリック医薬品と呼ばれている後発医薬品に注目が集まっています。
ジェネリック医薬品は先発医薬品の特許が切れたものを、別の製薬メーカーが買取りを行って、同じ製法、同一の主成分で医薬品を製造しているもので、先発医薬品の場合は膨大な開発コストや開発期間が必要になるのに対し、ジェネリック医薬品はそれが無いため、製造コストなどを抑えて医薬品を造り出すことが出来る事からも、先発医薬品と比べると安いと言ったメリットが在り、ジェネリック医薬品に注目が集まっています。