体重管理と筋肉

 

体重を落とすためには筋肉についての正しい知識を持つことが大切です。同じ身長、体重の人でも、スタイルの良い人と太って見える人がいます。
たとえば1sの赤身の肉と脂身を比べてみてください。あきらかに脂身の方が量が多いでしょう。このことからダイエットで体重を1s落とすと、非常に多くの脂肪が体からとれていることがわかります。
ボディケアを考えるときには、見た目のスタイルを良くしたいのか、多すぎる脂肪を落としたいのかを考えて実行する必要があります。とにかく体脂肪を減らしたいのであれば、筋肉量を増やす必要があります。というのも、筋肉は脂肪を燃焼させるためには不可欠なものだからです。
筋肉量を増やすためのトレーニングをして脂肪の燃焼を促進すると、体は痩せやすい体質に変えることができるのです。体がしまって、体脂肪を減らすことができたとしても体重に変化がない場合もありますが、筋肉量が増えれば無駄な脂肪の燃焼が促進されますので、適正な体重を維持することができるようになります。
また、食事を取らないでとにかく体重を落とそうとした場合、ある程度の体重は減少させることもできますが、運動を取り入れていないと筋肉量も落ちてしまいます。その結果、リバウンドしてしまったり、痩せにくい体質になってしまうこともあるのです。
増えすぎた体重を落として適正な値にするためには、遠回りでも適切な運動で筋肉を鍛えることが大切になります。筋肉が正しく機能すれば、食べ過ぎてしまっても体重増加の心配をしなくて済むようにもなるのです。